病院での便秘治療の内容

病院での便秘治療の内容

病院での便秘治療の内容

便が何日も排出されなかったり、排便はあるものの便が固くて苦痛に感じられるといった便秘の症状が続く時には、市販薬の力を借りるのも一つの手ですが、それでも一向に改善の気配が見られない場合は、思い切って病院を受診することをおすすめします。
病院での治療内容ですが、まず医師による問診が行われます。過去の病歴や薬の服用について聞かれますので、事前に確認しておきましょう。
問診のあと、腹部の聴診や触診をします。これらを行った結果、何らかの病気が疑われる場合、便の検査、血液検査、X線検査などを必要に応じて行います。
検査の結果、普通の便秘であれば日常の食事や運動の指導と、便通を促す薬を処方してくれますが、重症であれば専門の病院を紹介される場合もあります。
検査結果で別の病気が原因としてあるなら、原因となっている病気の治療を専念することになります。
このように、単純に便秘とはいえ、裏に何が隠されているかは検査しなければわかりませんので、普段と症状が違う場合は医師の診断を受けるようにしてください。
自分の体の事をよく理解しておくことが重要です。






Copyright(C) 2015 便秘解消でお悩み解決 All Rights Reserved.

メニュー