便秘の代表的な症状

便秘の代表的な症状

便秘の代表的な症状

便秘になると当然便が外に排出されずに腸内に溜まってしまうことになるのでお腹が張ってしまいます。そうすると当然、腹部脹満に代表される症状で悩まされることになってしまいます。
大腸で癒着が発生してしまったり、腫瘍があることで便通が止まってしまう場合があります。放っておくといつか重大な病気に発展してしまう恐れもあるため、心配な場合には大腸の内視鏡検査を受けることも大切です。

通常の便秘の場合、それは大腸の蠕動運動が何らかの原因によって止まることで引き起こされます。運動不足や食物繊維の不足が慢性的になってしまうと、当然、大腸の働きも鈍くなるので便秘を引き起こしやすくなります。

便秘を改善させるためには、普段からの食生活を規則正しいものにすること、それから運動も適度に行う必要があります。
また不溶性の食物繊維である根菜類などを摂取すれば、大腸の蠕動運動が活発になります。
あとは普段の食生活に「乳酸菌」などの「善玉菌」を発酵食品などから取り入れることもおすすめです。
漢方薬を使って症状を改善させる方法もあるようですが、その場合、大黄やセンナなどの生薬が用いられます。
それでも改善せず便秘薬を頼るケースもありますが、副作用が起こる場合もありえますので医師や薬剤師と相談をすることも重要です。

症状に合わせて対処をすることで、体に負担を与えることなく完治させるよう配慮しましょう。



Copyright(C) 2015 便秘解消でお悩み解決 All Rights Reserved.

メニュー