生理によるホルモンバランスの乱れが便秘に及ぼす影響

ホルモンバランスの乱れが便秘に及ぼす影響

生理によるホルモンバランスの乱れが便秘に及ぼす影響

女性の場合、生理によるホルモンバランスが影響して便秘になりやすくなるといったケースがあります。
女性は男性とは違って27日から35日ぐらいの生理周期がありますが、生理前になるとホルモンバランスの乱れの影響で吐き気や頭痛、下腹の痛み、乳房のはり、便秘などの症状が見られることもあります。
月経の前は、女性ホルモンの黄体ホルモンの分泌が増えるため、腸の蠕動運動が弱くなってしまいます。そうすると腸内の水分量が減ってしまい、便が固くなったり、腸の蠕動運動が弱くなってしまうので、男性に比べると比較的便秘をしやすくなってしまうのです。

なので生理中は、消化吸収の良い食事を摂るようにしたり、ヨーグルトや漬物、納豆などの乳酸菌が含まれている食品を食べるようにしたり、ごぼうやさつまいもなどの食物繊維を豊富に含んでいる食品を食べるように心がけてみてください。
そして便意を感じたら、我慢をせずにすぐにトイレに行く習慣を身に付けることが大切です。

月経の前や月経中は、このようにホルモンバランスの乱れで便秘を引き起こしやすくなるので、いつも以上に規則正しい生活を心掛けるようにしてください。そして水分補給をこまめに摂り、便通を整える働きのあるお茶などを飲むようにするとより効果的かもしれません。




Copyright(C) 2015 便秘解消でお悩み解決 All Rights Reserved.

メニュー