便秘解消に必要な食物繊維について

便秘解消に必要な食物繊維

便秘解消に必要な食物繊維について

食事から摂取した食物繊維は、腸内において水分を吸収することで蠕動運動を刺激します。蠕動運動が活発になることで、慢性的な便秘も速やかに解消できる効果があるのです。
ですので繊維質の根菜類を積極的に食べるようにすれば、効果的に便を排出することができるようになります。食物繊維を不足させないためには、主食を玄米飯にしたり麦飯に変えたりしてみることも有効です。
便秘予防に特に効果的なのは、不溶性の食物繊維です。ゴボウや大豆などに多く含まれる成分ですが、野菜の皮を剥いて調理してしまうとその量が減ってしまいます。ニンジンの場合も、皮ごと食べたほうが健康的です。野菜ジュースを作る場合には、トマトや大根なども皮ごとミキサーにかけることをおすすめします。野菜の皮からペクチンも摂取すれば、血糖値の上昇も抑制できます。
便秘を予防するために、適度な運動もして野菜をふんだんに使った多品目の料理を食べることが大切です。納豆や糠漬けなどの発酵食品から整腸作用のある栄養を摂取することも、便秘解消のために役立ちます。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の便秘への働きかけ

便秘解消には食物繊維の摂取が必要だということは誰もが知るところですが、実は食物繊維には2種類あってそれぞれ効能が違うことをご存知でしょうか。
水溶性食物繊維は、粘性と保水性が高く、水に溶けて便を柔らかくします。お腹はゴロゴロいうのに便が出にくい、コロコロした硬い便が出るタイプの便秘には、便を柔らかくする水溶性食物繊維を多く摂ると効果的です。ワカメ、コンブなどの海藻類、きのこ類、納豆、こんにゃく、ゴボウなどに多く含まれます。
不溶性食物繊維は、水に溶けずに水分を吸収して膨れます。便のかさを増やして腸のぜん動運動を盛んにさせ、排便を促します。お腹がゴロゴロいわないタイプや年をとってからの便秘には、不溶性食物繊維を多く摂ると便の体積が増えて効果的です。玄米などの穀物や雑穀類、豆やカボチャ、ゴボウなどの根菜類に多く含まれます。
便秘の解消のためには、両方の食物繊維をバランスよく食べる必要があり、水溶性と不溶性を2:1の割合で摂るのが理想的と言われています。

Copyright(C) 2015 便秘解消でお悩み解決 All Rights Reserved.

メニュー