便秘とダイエットの関係性

便秘とダイエットの関係性

便秘とダイエットの関係性

若い女性が多く悩まされがちな便秘の原因として、ダイエットとの関係性が指摘されています。それはいったいどういうことでしょうか。
ダイエットをする際、早く痩せたいというあまりに無理な食事制限をしてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。その代表的な例がファスティング(断食)ダイエットです。食事の量が減れば当然、便の量も減ってしまいます。そうすると腸への刺激が不足してしまい、便意が起こりづらくなってしまいます。さらに、食事の量が少ないと上から便を押し出そうとする力も働かないため、排便をスムーズにすることができなくなってしまうのです。
また、食事制限だけに頼って減量しようとすると、筋肉の量も減ってしまいます。排便は腸の筋肉の力によって行われるものですから、筋肉量が減れば排出する力が弱くなってしまうことにつながってしまうのです。筋力不足を原因とする便秘の場合は特に「弛緩性便秘」と呼ばれ、元々筋肉量の少ない女性に多くみられる傾向にあります。
さらに、食事を減らすことによって、食物に含まれる水分の摂取も減り、水分不足になることも考えられます。水分が減ってしまうと便が硬くなってしまい、すべりも悪くなるため排便をスムーズに行うことが困難になってしまいます。
こうしたことから、ダイエットは無理な食事制限をせず、運動もきちんと行うことが大切であるということは言うまでもありません。




Copyright(C) 2015 便秘解消でお悩み解決 All Rights Reserved.

メニュー