便秘に効果あり!オリゴ糖とビフィズス菌の働き

オリゴ糖とビフィズス菌の働き

オリゴ糖の便秘に対する効果

オリゴ糖は腸内の不要な物を吸着し体の外に排出する働きをする他、腸の中の善玉菌を増やして腸内環境を整え便秘を解消する効果があります。
腸の中には様々なアンモニアや発癌物質など様々な有害物質を作り出す悪玉菌と腸内環境を整える善玉菌、そしてどちらでもない日和見菌など様々な菌が存在しています。日和見菌は腸内環境によって善玉菌にも悪玉菌にも変わるものです。
オリゴ糖は善玉菌のエサになるため善玉菌を増やし腸内環境を整えます。また日和見菌も善玉菌にすることができます。善玉菌が増えることで腸の蠕動運動を活発になると共に、菌自体も便の成分になるため便秘を解消し予防できるのです。
また善玉菌は腸内を酸性にすることで病原菌が繁殖するのを防いだり、免疫機能を強化する働きもします。またコレステロールを体外に排出する働きをするので、生活習慣病予防などの効果もあります。
また体に吸収されにくい糖のため、他の甘味料を利用するよりダイエット効果も期待できます。

下痢だけではなく便秘にも効くビフィズス菌

便秘は多くの女性が悩んでいる病気です。
便秘には実はビフィズス菌が効果的だと言われています。
便秘が起きてしまう原因には、水分不足や食物繊維の不足などのほかに腸内環境の悪化による腸の活動能力の低下が関係しています。腸の働きが悪くなると蠕動運動が抑制され、排便が思うようにできずに便がたまっていくようになります。
ビフィズス菌は腸内にいい影響を与える菌として知られており、摂取することで便通を良くする効果が期待できます。現在ではヨーグルトや乳酸菌飲料などで手軽に摂取することが可能となっており、おいしく食べたり飲んだりしながら、便秘の解消を行うことができるのです。
この菌は胃腸薬や整腸剤の中にも含まれており、その実力は証明されています。継続して摂取することによって体質の改善を行うことができるため、2週間程度継続して摂取するようにすると便通が良くなったことが実感できるようになります。
最近の研究ではガンの予防にも効果があることがわかっています。

Copyright(C) 2015 便秘解消でお悩み解決 All Rights Reserved.

メニュー